体脂肪を減らすオススメの方法

15-06-18

メタボ解消の為にも、注目するべきものの一つに体脂肪率があります。

しかし、体重は毎日測るけど体脂肪率は意識してなかった、なんて人も結構いるのではないでしょうか。

ダイエットブームの昨今は、体重に気をとられてこれを見落としがちです。

健康な体作りを行う上では、体重よりも体脂肪の割合の方が、はるかに大切です。

体重だけ落としても内臓脂肪たっぷりでは、メタボを脱したとはいえません。

ここでは、効率よく体脂肪を減らす方法をいくつかご紹介していきます。

有酸素運動を行う

基本中の基本ですね。

有酸素運動は、脂肪の燃焼に最も効果的と言えます。

代謝をするには、酸素が必要です。最低でも30分以上の有酸素運動を続けることで効率よく脂肪を燃焼することができます。

しかしある程度、体重が落ちるまでは体に負担がかかるので、ウォーキングなどの緩やかな運動から始めましょう

ヨガジョギングウォーキング、など楽しく続けられる運動を見つけると良いでしょう。

筋肉をつける

筋肉をつける筋トレは無酸素運動と呼ばれます。

無酸素運動は、有酸素運動とは違い脂肪の燃焼には直接影響しません。

しかし、筋肉をつける事で、体全体の基礎代謝を上げてくれるので、リバウンドを防ぐ為にも必要な運動です。

中でも、インナーマッスルを鍛えることをオススメします。

インナーマッスルとは、体の中心を支える筋肉で、内臓の下垂を防いだり、体幹を整えるのに必要な筋肉です。

ちなみに、有酸素運動と無酸素運動を同時に行う時は、無酸素運動を先に行った方が良いとされています。

脂肪燃焼に効果のある食べ物を食べる

脂肪の燃焼に効果的な食べ物は、以下のようなものがあります。

  • 唐辛子・・・カプサイシン
  • オリーブオイル・・・オレイン酸
  • コーヒー・・・カフェイン
  • 生姜・・・ジンゲロン
  • 海藻類・・・ヨウ素

毎日の食事の中に、バランスよく取り入れてくださいね。

くれぐれもこれらの食品ばかりに偏り過ぎないように気をつけてくださいね。

ゆる~い糖質制限ダイエットでメタボ解消

15-06-15

メタボ解消にも予防にもなる糖質制限ダイエットをご存知でしょうか

と言うか、今さら?とお思いの方もいらっしゃるのでは?

かなり前に話題になったこのダイエット法ですが、アトキンス博士による本来の糖質制限ダイエットは、極端な制限により挫折する人が続出・・・。

しかし、その効果はかなりのもの!

というわけで、ゆるーい糖質制限ダイエットでゆるーくダイエットしちゃいましょう。

ゆるーい糖質制限のルール

糖質制限ダイエットは、血糖値に影響する糖質を制限し、血糖値の上下を緩やかにするのが目的です。

一日の糖質の摂取量を抑える

アトキンスダイエットでは、一日の糖質量を20gに制限します。

ゆるーい糖質制限は、130gに制限します。

結構あるように思いますが、通常の一日の摂取基準は、260gなのでこれを半分に抑えると言った感じです。

腹八分目を意識する

これは、アトキンスダイエットでも同じですね。

血糖値の上昇を受けて、満腹中枢が刺激されるので、腹八分目で食事を止めるのは難しいように思いますね。

血糖値は、食事を始めて15分後から徐々に上がります。

なので、量を抑えても15分以上かけて、ゆっくりと食事をすれば満腹感を得られやすくなるのです。

極端に量を減らすのではなく、いつもより少し意識を変える感じでやってみるといいかもしれません。

食物繊維をしっかり摂る

糖質制限ダイエットで、炭水化物を抑えるとそれに含まれる食物繊維不足しがちになってしまいます。

意識して、食物繊維を摂取することをオススメします。

きのこ海藻類には多くの食物繊維が含まれているので、食事に取り入れるといいでしょう。

糖質は、体のエネルギーとなります。

極端に減らすと体のバランスを崩してしまいます。

ムリせず、不調を感じたらすぐに中止しましょう。

まず長く続けられることが、一番重要なので焦って結果を求めず、ゆるーく実践していくことをオススメします。

メタボに効果的なサプリメントはこちら

メタボ改善のために~血糖値を意識する~

15-06-12

メタボの診断基準の一つに高血糖があります。

高血糖は、その名前の通り、血糖が高い状態のことを言います。

血糖値は通常、食後上昇し、空腹時には低下します。

高血糖は、このバランスを崩した状態と言えます。

メタボの症状以外にも、糖尿病を引き起こしたり、不整脈や感染症にかかりやすくなったりします。

メタボの改善を考える上では、血糖値を意識する事が重要と言えるでしょう。

血糖値をコントロールする

血糖値は、意識することでコントロールする事ができます。

やはり、何よりも大切なのは食事です。

血糖値をコントロールする食事の方法をいくつかご紹介したいと思います。

すでに、糖尿病や、高血糖症など病院にかかられている方は、医師の指示をあおぐべきですが、そうでない方には少しは、参考になるかと思います。

栄養バランスに気をつける

血糖値は、食べ物によって上がり方が違いますが、それ以外にも食べ合わせや口にする順番でも、変わってきます。

主食と副食のバランスを考え、さらにサラダを最初に食べると血糖値の急激な上昇を防いでくれるそうです。

ビタミン・ミネラル・酵素をしっかり摂る

これらの栄養素は、糖質の代謝に必要な栄養素です。

特に、酵素は生のものにしか含まれていないので、生野菜やフルーツなどを食事に取り入れるといいでしょう。

しかし、フルーツの糖分は、単糖類と呼ばれるものでとても吸収率のいいものです。食べすぎに注意しましょう。

糖質を多く含むものに気をつける

一番は炭水化物です。

炭水化物は、ブドウ糖の原料となり血糖値を急激に上昇させます。

お菓子パンの食べすぎなどもってのほかです。

過剰摂取にはくれぐれも気をつけましょう。

他には、適度な運動を取り入れるなども効果的です。

ほんの少し意識を変えて、血糖値を上手にコントロールしましょう。

メタボ改善に効果的なサプリメントはこちら