メタボが多い職種

2013-06-17

なんと特定検診を受診した人の5人に1人がメタボもしくは、メタボリック予備軍だそうです。

すごいですね、5人に1人ですよ。

しかもメタボリック症候群の人口における割合は年々、増加傾向にあります。

またメタボになる要因として生活習慣や生活環境にも左右されるのですがメタボになりやすい職業もあるそうです。

ある調査によると一番多いのが金融保険業でした。

その次が情報通信業

少ないのが運輸業と製造業でした。

あきらかに体を動かすことが少ないデスクワークの仕事の人達にメタボが多い結果となりました。

逆に運輸業や製造業は基本、体を動かす仕事なのでメタボは少ないようです。

その他にもストレス喫煙率、昼食を外食ですませる割合などや飲み会の頻度が上位の職種には多かったようです。

また夕食を21時以降に食べるのもメタボの原因になるようです。

メタボはただ単に太るだけでなく、様々な生活習慣病に影響を及ぼす可能性がありますから、注意が必要です。

メタボが一番少なかった運輸業の人でも40%の人が21時以降に夕食を摂るそうです。

仕事柄、不摂生になることが多い場合は休日の際やその他の改善できる項目を改善するように心掛けたいですね。

そうすることで10年後には大きな違いになると思いますよ。