メタボと肥満の違い

2013-08-20

メタボックシンドロームと肥満は違うということを知っていますか?

メタボと肥満は同じだと思っている人がほとんどだと思います。

脂肪が付いているという点は同じなのですが、メタボの場合は内臓に脂肪が付いていて、肥満は身体に脂肪が付いている状態だそうです。

なので肥満=メタボという訳ではないそうです。

しかし肥満の人はメタボになりやすいのは事実だそうです。

身体に脂肪がつきやすい生活習慣は内臓にも脂肪がつきやすいのだそうです。

肥満の改善のポイントは食事です。

食べ過ぎや、不規則な食事時間、早食いなどは、とても太りやすい食生活の原因と言われています。

3食を決まった時間にゆっくりと腹八分目の食事を心掛けることが大事だそうです。

脂肪分や糖分が多い食事ではなく、野菜中心の食事内容にすることが大切だそうです。

アルコールもカロリーが高いので、飲み過ぎは太る原因になるそうです。

油っこい食事ばかりを好む人はメタボになりやすいそうです。

また濃い味付けを好む人もメタボになりやすいそうです。

しかしかなりの運動量をこなしていたり、体力的にハードな仕事をしている場合はメタボにはなりにくいそうです。

つまり運動不足もメタボを引き起こす原因なのです。