豆料理でメタボ対策

2012-12-15

メタボ対策には食事の習慣を替える事がとても大切です。

食習慣をかえるといっても、なかなか食事の量を減らすことは大変ですよね。

それでは、食事の量を減らすのではなくて食事の内容を見直すことに視点をおいてみるとよいかもしれません。

豆料理栄養がたくさんあり、とてもヘルシーです。

でもいつも脇役のような存在でなのですが、この脇役になりがちな豆料理をメインにもってきてしっかり食べてみてはいかがでしょうか。

日本人の場合は昔から豆を使った料理をたくさん作ってきており、昔の人は肉や魚よりも多く食べていたみたいですね。

けれども最近の食卓では、肉や魚などのメインになりがちです。

豆料理を食べるといってもほんの少しという人も多いかもしれません。

豆は、植物性のたんぱく質を豊富に含んでいます。

動物性たんぱく質と比べてみるとコレステロール低くて不足しがちなビタミンB群ミネラル食物繊維たくさん含まれています

大豆は「畑の肉」というようにいわれますが、肉に負けないとても素晴らしい食べ物といえます。

豆は1日1回メインで食べるとよいそうです。

豆はビタミンB群や、カルシウムなどのミネラルがたくさん含まれていますので疲労回復にも効果があります。

そしてこの食生活をしばらく続けてみることです。

豆腐ハンバーグや豆の炒め物、ヒヨコ豆カレーなど色々とレシピがありますのでチャレンジしてみてくださいね