メタボとアルコールの関係

15-05-21

メタボ対策を考える上で、気をつけなければならないものの一つが「アルコール」との付き合い方です。

「ビールっ腹」なんて言葉もありますね。ダイエット的にNGのイメージがかなり強い飲酒。詳しく解説していきます。

飲酒による影響

適度な量のお酒であれば、全く問題ありません。むしろストレス発散にもなるし、コミュニケーションのアイテムとしても、かなり優秀といえるでしょう。

しかし、どんなものにも適度適量というものがあります。適度を超えるとこんな悪影響を及ぼします。

カロリーの過剰摂取による体脂肪の増加

アルコールのカロリーはエンプティカロリーと呼ばれ、体に蓄積しないカロリーだと言われています。アルコールを代謝するのに、エネルギーを使うからだそうです。

しかし、甘いリキュールを使ったカクテルや、ジュースで割ったチューハイなどの飲みすぎには注意すべきです。全てのカロリーをエンプティ(空っぽ)にしてくれるわけではありません。

中性脂肪の増加

過剰摂取で余ったエネルギーは、中性脂肪となって体に蓄積していきます。その中性脂肪は、肝臓でも合成されるのです。

アルコールを摂取すると、肝臓での中性脂肪の合成が増加してしまい、結果ぶよぶよのお肉がついてしまうです。

むくみによる体重の増加

アルコールを摂取すると、水分代謝がうまくいかなくなり、体重の増加へつながります。

体がむくんでいる状態は、代謝機能がおちている状態にあるため、正常な状態の人に比べてダイエット効果が得られにくいようです。

太らない飲酒の仕方

飲みすぎないのは、もちろんですが、それ以外ではこんな方法があります。

  • 蒸留酒を飲む・・・醸造酒(ビールなど)を蒸留して作ったお酒で、醸造酒に比べてカロリーが少なくダイエット向きといえます。ウイスキーや焼酎などが、蒸留酒になります。
  • 薄めで飲む・・・アルコール度数が高いほど、血糖値が急激に上昇します。血糖値が急激に上がると、インスリンの分泌量が増え、体脂肪を貯めやすい体質になってしまうのです。
  • おつまみを変える・・・脂質の多いスナック菓子や揚げ物は避け、アルコールの分解を助けるビタミンB1やたんぱく質を含む枝豆やチーズなど選びましょう。

お酒を楽しむ為にも、健康な体作りが大切です。少し飲み方を変えて、メタボとも無縁な体を作りましょう。

メタボにおすすめのサプリメントはこちら

メタボとロコモの関係

15-05-18

指人形(老夫婦)

メタボに並ぶ生活習慣病の一つに、「ロコモティブシンドローム(略:ロコモ)」というものがあるのをご存知でしょうか?

メタボは、男性に多い習慣病ですがこのロコモは男女比に大きな差はなく、男女共に気をつけるべき習慣病と言えるでしょう。

このロコモとメタボ。要注意な関係なのです。詳しく解説していきます。

ロコモを知ろう

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)は、運動機能の障害によって要介護状態になった及び、なりうる状態を言います。

ロコモの症状は、さまざまですが、有名なものでいうと骨粗しょう症やリウマチなどが上げられます。

ロコモを知らなかった人も、ぴんときたのでないでしょうか。

主に現れる症状は以下のようなものがあります。

  • 関節・・・変形関節症、リウマチ
  • 筋肉・・・サルコペニア、神経障害
  • 腰の椎間板・・・変形性脊椎症
  • ・・・骨粗しょう症

症状が進行すると、少しずつ自立が困難になり、歩行不安、そして寝たきりとなってしまうのです。

ロコモとメタボの関係

ロコモティブシンドロームは、運動器症候群です。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群です。

まったく違う症状を引き起こすこの二つですが、全く無関係というわけでないのです。

メタボになると体も重たくなり、血糖値のコントロールがうまくできなくなるので、意識してやらない限り、運動量が減ってしまう傾向にあります。

そして、運動量の低下により先ほど上げた>筋力の低下や、骨密度の低下を招きロコモの症状を引き起こす要因となってしまうのです。

逆にロコモの症状が出始めると、ますます体を動かす機会を失い、脂肪を蓄積してしまい、メタボの症状を併発してしまう可能性があるのです。

このように、メタボロコモは共に引き起こす要因となりうる危険な関係にあるのです。

生活習慣病の対策

メタボとロコモだけでなく、生活習慣病を引き起こす原因はやはり、食生活の乱れ運動量の減少などがほとんどです。

他にもストレスや、睡眠不足によって自律神経のバランスを崩すなどの原因もあげられますが要は、心と体の健康が大切なんですね。

家事や仕事が忙しく、日々追われる毎日を過ごしていると自分のことが後回しになってしまいますね。

少しでも長く、健康で豊かな生活を送る為にも毎日の習慣を見直してみませんか?

運動しても脂肪を燃やす材料がないと、意味がありません!

ダイエットのサポートをしてくれるサプリメントはこちら。

メタボと栄養不足

15-05-12

高カロリーの食事を続けると、不必要な脂肪がたまり、「肥満」の状態になるというのは容易に想像できますね。

ということは、栄養過多の状態で、食事を減らして運動すれば痩せるでしょ!と思うのが普通ですよね。

実はそうじゃないんですね。

体に脂肪を蓄積する栄養は過剰に摂っているけど、その脂肪を代謝する栄養が不足している状態なんです。

だから、ただ「食べない」だけでは、効率よくやせることはできないのです。

痩せるのに必要な栄養素

具体的に痩せるサポートとなる栄養素には次のようなものがあります。

  • ビタミンB群・・・代謝に必要な栄養素です。B1(糖質をエネルギーに変える)、B2(脂質の代謝を助ける)B6(たんぱく質の代謝を助ける)B12(貧血予防効果、脂質と炭水化物の代謝を助ける)
  • たんぱく質・・・筋肉を生成するのに欠かせない栄養素です。不足すると、筋肉量が減って謝の悪い体になってしまいます。
  • 食物繊維・・・腸内環境に働き、便通を整えて便秘を防いでくれます。脂質、糖質、ナトリウムを排出するので、肥満や糖尿病、高血圧の予防にも注目されています。
  • 【ミネラル】
  • 鉄分・・・体に酸素を運ぶヘモグロビンを作る栄養素です。不足すると、体に酸素がうまく運ばれなくなり、筋力低下や貧血、冷えやむくみを引き起こします。
  • カルシウム・・・骨を作るのに必要な栄養素です。他にも、脂肪の吸収を阻害する効果があることが分かっています。
  • マグネシウム・・・カルシウムと同様に骨を作るのに必要な栄養素です。他にも、体の代謝に関わる酵素を働かせるのに重要な役割があります。
  • カリウム・・・余分なナトリウムを体外に排出し、血圧の上昇を抑えてくれる栄養素です。塩分も排出しくれるのでむくみの解消に役立ちます。

大まかにあげただけでもこんなにあるんですね。

 

一つの栄養素を摂取しても、それを吸収するのに必要な栄養素を摂らなければ、意味がありません。

つまりバランスが大切なんです。

食べない=痩せる」という考え方はやめて、食べるダイエットを始めてみませんか?

食事とサプリメント

これらの栄養を毎日摂取しようと思うと、かなり大変ですね。

有名なことですが。1日350gの野菜を毎日食べるというのは、忙しい現代人には少し難しいかも知れません。

そんな現代人の味方となるのが、サプリメントです。

おすすめのサプリメントをご紹介します。

黒美妃

黒美妃

黒い食べ物というのは、昔から漢方にも広く用いられるように栄養豊富なものが多いです。

その「」の成分を10種+ダイエットに効果的なサポート成分を5種配合し、ぎゅっと凝縮したサプリメントです。

脂肪の燃焼を助けてくれる成分や冷えを改善してくれる成分など、ダイエット効果が期待できます。

その他にも、ダイエット時不足しがちなビタミンやミネラルもバランスよく配合されています。

食事では、摂りきれない栄養の補助としておすすめのサプリメントです。

黒美妃について詳しい情報はこちら

健康的に体に良いダイエット始めましょう。