メタボと腹囲

メタボの診断基準として最初にふるい分けを行われるのが、腹囲の計測です。

内臓脂肪は主にお腹まわりに蓄積して、腹囲を大きく増やすため、この腹囲基準が採用されています。


男性は85cm、女性は90cmが診断基準とされており、腹囲の数値が基準以上を示した人は「内臓脂肪型肥満の可能性がある」と診断されます。

女性は男性に比べて皮下脂肪が多い傾向になりますので、多少男性よりも甘い診断基準となっています。

腹囲の数値は目安です

メタボ診断の基準として腹囲の数値が設定されていますが、これはメタボ患者を簡単にふるい分けるために使われている数値ですので、腹囲が基準を超えたからといって、必ずメタボであると言うわけではありません。

また、身長や体型(筋肉質など)によっても腹囲の平均が変わりますので、身長が高く筋肉質な人は基準を超えていても問題はありません。


逆に身長が低く筋肉量の少ない人は、基準以内だからといって安易に安心することはできません。

また、メタボの診断は血液検査などの数値も関わってきますので、「腹囲の数字は目安」だということに注意が必要です。