メタボと脂質異常症

メタボ健診では、高コレステロール血症と低HDLコレステロール血症の数値が診断項目として設定されています。

各数値は中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下と定められています。

脂質異常症の診断基準では、中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下と定められていますので、メタボの診断基準と同じ数値になります。

最近では中性脂肪ではなく、LDLコレステロール値を診断基準にするという動きも見られます。

脂質異常症とは

血液中に含まれている脂質が、異常に多い、または異常に少ない状態を言います。

以前は高脂血症と呼ばれていましたが、2007年に現在の呼び方である「脂質異常症」に改称されました。

脂質異常症には血液中に含まれる脂質の種類によっていくつかの種類があります。

高コレステロール血症

血液中の総コレステロールが高い状態で、生活習慣によって起こる脂質異常症の多くがこのタイプになります

最近ではLDLコレステロールの心血管疾患リスクが高い事が明らかになったため、この数値が注目されることはあまりありません。

高LDLコレステロール血症

心血管疾患の危険要因であり、コレステロール検査値の中では、唯一の絶対的な危険要因であるとされています。

低HDLコレステロール血症

HDLの数値が低いと、特に女性の心血管疾患リスクが高くなると言われています

この症状は数値が“低い”ことで起こるため、「高脂血症」が改称される理由となりました。

高トリグリセリド血症

内臓脂肪型肥満の人に多く見られる脂質異常症です。

以前は心血管疾患との関連が疑われましたが、現在では関連があると考えられ、動脈硬化との関連も指摘されています。

脂質異常症が招く病気

血液中のコレステロール値が高くなると、血管壁にコレステロールが蓄積され動脈硬化を引き起こします。

また大量に飲酒をする人では、膵炎を引き起こしやすくなります。

脂質異常症の自覚症状

自覚症状が全く無いため、健診等の結果から自分のコレステロール値を把握し、自分自身で健康管理をする必要があります。