メタボが招く病気

メタボは生活習慣病の一歩手前の状態です。

もともとメタボ健診はメタボを早期発見し、メタボを改善するための健康診断です。

「まだまだ生活習慣病ではない」などと放置すると、病状が進行していき、気づいた時には手遅れということもございます。

メタボによって引き起こされる病気として代表的なものを以下にまとめました。

生活習慣病

生活習慣病は、食習慣、運動不足、タバコ、アルコールなどの生活習慣が原因として深く関わっているとされる病気の総称です。

代表的な生活習慣病は、糖尿病、心臓病、脳卒中、がんなどがあります。

糖尿病

糖尿病は血液中のブドウ糖濃度が異常に高い状態を指す病気のことです。

症状が出ないため、気づきにくい病気ですが、悪化すると意識障害や昏睡になるなど、命に関わる症状を引き起こします。

心臓病

心臓病とは心臓に起きる病気の総称です。心疾患と呼ばれることもあります。

心臓は全身に血液を送り出す役目を持っているため、心臓が病気になると重大な症状になることが多くなります。

脳血管疾患

頭蓋内の脳に栄養をおくる血管に異常が起き、出血による炎症、虚血による脳組織の障害によって起こる症状の事を言います。

また、脳血管障害のうち、急激に発症したものは脳卒中と呼ばれます。

動脈硬化

動脈が肥厚し硬くなった状態を動脈硬化といいます。

また、動脈硬化によって引き起こされる病気を動脈硬化症と言います。