脳血管疾患

頭蓋内の脳に栄養をおくる血管に異常が起き、出血により、炎症、虚血状態となり、脳組織の障害が起こることで発症する症状です。

簡単に言うと、脳の血管がつまる、破れるなどして起こる症状のことを言います。

また、脳血管障害のうち、急激に発症したものは脳卒中と呼ばれます。

脳血管疾患は主に脳梗塞と、脳出血に分類されます。

脳梗塞

脳梗塞とは、脳の血管に血栓がつまり、血流が滞ってしまうことで、酸素や栄養が届かずに、脳組織が破壊されてしまう症状の事を言います。

動脈硬化などが原因で、脳の血管が細くなり血流が止まってしまう脳血栓と、心臓や頸部にできた血栓がはがれ、脳の血管に運ばれて詰まってしまう脳梗塞があります。

脳出血

頭蓋内の血管が動脈硬化により細く脆くなったところに、高血圧などで血管に負担が掛かると、脳の血管が破れて出血が起きます。

脳出血が発生した際の死亡率は、75%を超えるとも言われている大変危険な症状です。

脳血管疾患の原因

動脈硬化が脳血管疾患の最大の危険因子です。

そのため動脈硬化のリスクを上げる、喫煙、肥満、糖尿病、脂質異常症、高血圧などが危険因子として指摘されています。

これらのリスクはメタボを改善することで下げることが可能になります。