糖尿病

糖尿病は血液中のブドウ糖濃度が、異常に高い状態を指す病気のことです。

血液中のブドウ糖の濃度は、通常ではホルモンの働きによって調整されています。

これが何らかの理由により調整機能が壊れてしまうことで、血液中のブドウ糖濃度が上がることで糖尿病となります。

糖尿病にはいくつかの分類がありますが、生活習慣の悪化やメタボの進行によって引き起こされる糖尿病は、2型糖尿病と呼ばれています。

2型糖尿病の発生の仕組みとしては、次のような説明がされることが多いようです。

正常な血糖値の下がり方

炭水化物を摂り、血液中のブドウ糖濃度が上がると、すい臓からインスリンが分泌されます。

インスリンは、ブドウ糖を体細胞に送り活動エネルギーに変えたり、グリコーゲンや脂肪に変えて体内に蓄えさせる働きがあります。

このインスリンの働きにより、血液中のブドウ糖はグリコーゲンに変えられ、筋肉などに蓄えられます。

このグリコーゲンが蓄えきれなくなると、中性脂肪として脂肪細胞に蓄えられ、最終的に血糖値が下がります。

肥満とインスリン抵抗性

しかしこの仕組みは、インスリンに対する耐性が高まってくると正常に働かなくなります。これをインスリン抵抗性と言います。

肥満になるほど、インスリン抵抗性は高くなり、血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されることによって、高インスリン血症となります。

その結果、より脂肪を蓄積しやすくなり、さらにインスリン抵抗性が高くなり、インスリン分泌量は過剰に増えていきます。

大量分泌によるすい臓疲労

インスリンが過剰分泌され、すい臓に疲労がたまると、次第にインスリンを作り出せなくなります。

その結果、血糖値を下げる事ができなくなり、糖尿病となります。糖尿病になると血糖値を下げるためのインスリン注射が必要になります。

糖尿病の症状

初期症状に気づきにくいため、検査などを定期的に行わないと悪化する可能性があります。

慢性的に血糖値が高くなってくると、喉の渇き・水分の大量摂取・多尿といった糖尿病の典型的症状が現れます。

病気の進行に気づきにくい病気ですが、悪化すると意識障害や昏睡になるなど、命に関わる症状を引き起こします。

また糖尿病が進行すると糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症といった様々な合併症が起きます。

合併症の発生

糖尿病になり血中のブドウ糖が高濃度になると、血管内皮のタンパク質とブドウ糖が結合する糖化反応を起こします。

糖化反応によって微小血管が次第に破壊されていくと、目、腎臓などの様々な臓器に傷害を発生させます。

最悪の場合、手足の末端まで栄養が届かず、指先つま先の壊死を起こしたり、網膜の血管に傷害が起き失明、といった重大な症状になることもあります。

糖尿病予防・治療の目的はこの合併症を防ぐことにあります。

糖尿病の治療と予防

初期の症状であれば食事療法と運動療法で治療が可能です。

食事療法はカロリー計算や栄養を考えた規則正しい食生活、運動療法は有酸素運動などです。

病気が進行している場合は、血糖降下剤などの薬で血糖値を下げます。インスリンが全く作られなくなってしまった場合はインスリン注射が必要になります。