メタボの予防

メタボを予防するということは、生活習慣病を予防するということになります。

メタボ自体には命に関わるような危険な症状はありませんが、メタボを放置し、症状が悪化、進行すると様々な生活習慣病の危険因子になります。

生活習慣病の予防

生活習慣病は自覚症状が無いことが多く、気づいたときには病状が進行してしまい、重篤な症状によって生活習慣病が判明することがあります。

糖尿病では、失明や手足切断などの重大な障害が残ることもありますし、虚血性心疾患、脳卒中では最悪の場合、そのまま死亡してしまうという事もあります。

メタボは第一段階

病気の一歩手前である状態をメタボとして、メタボの予防、メタボの改善をすることで、生活習慣病の発症を未然に防ぐことが可能になります。

特にメタボ改善の目的としては、動脈硬化の発生と進行防止があります。

そのため高血糖、高血圧、脂質異常症を予防するために行われる「食生活の改善」「運動不足の改善」がメタボ改善の基本的な目標になります。

禁煙も必須事項

喫煙は動脈硬化の危険因子であることが証明されています。

また喫煙をすることによって、血中の中性脂肪、悪玉コレステロール量が上昇することも示唆されています。

動脈硬化を始めとする生活習慣病やメタボを予防するためには禁煙も必須となります。